対策案の種類を把握|雨漏り修理ならプロに頼む【トラブルをすぐに解決してくれる】

雨漏り修理ならプロに頼む【トラブルをすぐに解決してくれる】

男女

対策案の種類を把握

三人の男女

一軒家やアパート、マンションやビルなど人が住む居住環境の種類というのは様々です。このような建物は建造したばかりの頃は問題無く住むことができますが、年数を重ねていくと老朽化が進み、修繕などが必要となってくる場合があります。修繕の内容というのは様々ですが、その中でもよくあるパターンが屋上の防水工事です。屋上は平面構造になっているパターンが多く雨を直接受けてしまいます。建造した直後は塗装などもしっかりしているので問題ありませんが、年月が経過すると徐々に塗装も剥がれていき雨水を処理しきれなくなってしまうのです。このような事態になった際に有効的なのが屋上防水という対策案です。屋上防水の種類は複数存在しており、それによって費用や耐久年数も変わってくるのでこちらもしっかり調べておくのが最適です。
多くの住宅に対応できる方法として最もスタンダードなのが、ウレタン防水という方法です。耐久年数は約12年となっており、厚さも約3ミリメートルとなっています。費用をできるだけ安く抑えたいと考えるのであればシート防水といった厚さ2ミリメートル程度の方法を採用するのが最適です。少し厚みはなくなりますが対応年数は約13年とコストパフォーマンスに優れた方法となっています。多少の費用が発生しても問題無いという人は厚さが最高で10ミリメートルにまで達するアスファルト防水が最適です。耐久件数も最高で20年となっており非常に長持ちする方法となっています。